つわりはいつからいつまで続く?その症状と対処法とは

妊娠中に誰もが悩む「つわり」

体調を崩したり、普段通りの生活を送ることができなくなってしまうつわりは妊婦さんにとって、できれば避けたいものなのではないかと思います。

初めて妊娠を経験する方だったらなおさらつわりのことを考えると不安になってしまったり、怖くなってしまったりするものではありませんか?

そこで今回は、妊娠中のつわりがいつからいつまで続くのか、そしてつわりにはどんな症状があるのかをお伝えしていきますね。

つわりの対処法も一緒にご紹介しようと思うので、つわりの悩みをなんとかして解消したい方はぜひご覧ください。

つわりはいつから始まっていつまで続くの?

それではさっそく、つわりがいつからいつまで続くのかご説明していきます。

初めて妊娠を経験する妊婦さんも、参考にしてみてくださいね。

妊婦さんのほとんどが経験する妊娠中のつわり

妊婦さんが必ずと言っていいほど高確率で経験する妊娠中のつわり。

そのようなつわりは妊娠初期に起きる症状のことを言い、有名なつわりの症状としては

  • 吐きづわり
  • 食べづわり
  • においづわり

などがよく挙げられます。

つわりがなぜ起きるのかという原因はまだ判明していませんが、

「妊娠してホルモンの分泌量が変化することでつわりが起きるのではないか?」

などという仮説があちこちで建てられていますよ。

ただし、そんな妊娠中のつわりをまったく感じずに出産を迎える女性も中にはいるようです。

つわりが始まる時期には個人差がある

つわりが始まる時期は、だいたい妊娠4週目からという方が多いようです。

しかし早い方だとそれよりも前の、妊娠4週目前から既につわりが始まっていたという方もいます。

つわりが始まる時期に関しては個人差があるようですね。

ですがだいたいの方は妊娠4週目から妊娠8週目までの間につわりの症状を発症しているようですよ。

つわりはだいたい妊娠3ヶ月目あたりから治まりはじめる

妊娠中のつわりが終わるのは、妊娠4ヶ月目からという方が多いようです。

ですが早い方だと妊娠3ヶ月目からもうつわりの症状を感じなくなったという方もいます。

こちらもつわりの始まりと同様に、個人差があるようですね。

つわりが起きるとどんな症状が現れるの?

つわりの時期についてご説明したところで、ここからはつわりの症状にはどんなものがあるのかをお伝えしていきます。

実際につわりが起きてしまう前に、つわりにはどのような症状があるのか把握しておきましょう。

吐き気

つわりと言えばまず嘔吐するイメージが頭にわいてきませんか?

実際にその通りで、ドラマや映画などでもよく目にすることが多い吐き気や嘔吐がつわりの症状となります。

この吐き気は厄介なことに食事をしていなくても起きやすく、時間帯や症状の大きさも人によってバラバラです。

そのせいで食欲が無くなり、体重が減ってしまう場合もあるので痩せ過ぎてしまわないように注意しなくてはなりません。

においへ過敏に反応してしまいやすくなる

また、吐き気と同じくらい有名なつわりの症状がにおいに過敏に反応しやすくなることです。

そのようなつわりを発症してしまうと、妊娠前は気にならなかったにおいまで気になってしまうようになり、ひどい場合は吐き気を引き起こしてしまうことがあります。

一度においに敏感になると、ご飯やおかずのにおい、または大切な旦那さんのにおいまでNGになってしまう可能性もあります。

そのためにおいへの対策方法も自分なりに考えていかなければいけません。

食べ物を口に入れていないと落ち着かない

つわりが始まると、空腹によって吐き気が起きやすくなることから食べ物を口にしていないと落ち着かなくなってしまいやすくなります。

ですからこまめに食事を取っていないと、いてもたってもいられません。

また、逆にいっぱい食べて満腹になると具合悪くなってしまうこともあるようです。

食べなくても吐き気をもよおし、食べすぎても具合悪くなるなんてどちらにしても大変ですよね。

体重が痩せすぎてしまったり、増えすぎてしまったりしないように注意する必要がありそうです。

頻繁に眠気が襲ってくるようになる

つわりが起き始めると、頻繁に眠気がやって来るようになります。

その眠気は自分の都合やタイミングに関係なく襲ってくるので、対策をしていかなければいけません。

眠気を避けるためにはガムを噛んで頭を目覚めさせたり、自宅ではなるべく横になって安静にしておくという方法がありますよ。

もしも眠気がやって来たら、可能な限り横になって休むことも大事なことなのかもしれませんね。

つわりが起きてしまった時の対処法とは

妊娠中のつわりにはさまざまな症状があることが分かりました。

そこでぜひ実践してみてほしいのが以下のような対処法です。

妊娠中のつわりはツライと思いますが、少しだけ普段の生活に工夫を取り入れるだけでつわりの症状を和らげていくことができますよ。

とにかく体をやすめることが第一

やはり一番に浮かぶつわりの対処法は、無理をせずに体をやすめることです。

体をやすめることで体調が整いやすくなり、つわりの症状を緩和することにつなげることができますよ。

複数回に分けて食事を取る

つわりの最中は複数回に分けて食事を取るのもおすすめです。

一回でたくさんの量を食べるのが難しかったり、逆に食べ過ぎを防ぎたい場合にもこまめに分けて食事をすることでつわりの症状が軽減されやすくなります。

マスクをする

においに敏感になり過ぎてしまっている方は、マスクを着用するようにしてみましょう。

マスクをするとにおいが気になりづらくなり、においから起きるつわりを予防することができますよ。

エチケットアイテムを持ち歩く

エチケットアイテムを持ち歩くというのもつわりを対処する方法の一つです。

やはりどれだけ我慢しても、つわりの症状が重ければ外出先で吐き気をもよおしてしまうことがあるのではないでしょうか。

そんな時にエチケットアイテムを持ち歩いていれば、その場でサッと取り出して道端に嘔吐してしまうのを防ぐことができますよ。

まとめ

つわりの症状が現れる期間や、つわりの症状がどれくらい重いかというのは妊婦さんそれぞれで異なります。

ですが今回ご紹介したことはあくまで参考として胸にしまっておいていただけると幸いです。

妊娠中のつわりは苦しく、耐えるのが大変だとは思いますが、大切な我が子を出産するために頑張っていきましょう。

そうすれば元気で可愛い赤ちゃんが産まれてきてくれるはずですよ。